歯周病は、細菌と力のコントロールが大切です。

歯を失わないために、
口腔ケアを、

歯肉ケアは、すなわち細菌のコントロール。
力のコントロールは、ナイトガード、咬み合わせのチェックが重要です。

歯は、摩耗します。
また、汚れます。

100%磨きはなかなか、難しいもの。
専門の機械や、知識のある
プロケアが重要です。


新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

SPTにおける「力」のコントロール

咬む力は、個人差があります。

長期にわたって歯の健康を維持するには、
健全なエナメル質の保存と歯周組織の健康が大変重要です。

では、歯周病になってしまった場合には、何をしなければいけないか?

歯周病の根本的治癒は、難しい。
病的歯周ポケットの改善は、手術による改善が一般的です。

2016年9月に骨移植材料が保険適用になりました。
特殊な手術を出来ない、希望がない場合は、

通常、長期的なSPT(歯周病サポート療法)
が必要です。

 そのSPTで重要なのは、力のコントロールです。

SPTは、細菌による炎症のコントロールだけでは成り立たず、

力のコントロール も 大変重要です。

何故か?

歯周病は、健康な歯周組織が失われている状況です。


「歯を 土中に埋められた杭に例えると分かりやすいと思います。

杭がぐらぐらとなる場合はどのような場合でしょうか?

杭の 回りがぬかるんで緩くなる場合
、歯周病で言えば炎症が進んでしまった状態です。

もう一つ、横方向から繰り返し強い力がかかった場合

地面が緩ければ、あまり強くない力でも杭への影響は大きくなります。

歯周病でも同じです。

歯周病が、進めば進む程、通常の咬む力であってもその影響は非常に大きくなります。」1)




(写真1)
咬みすぎるのも良くはありません。

ただし、成長期のおこさんは咀嚼が、成長を 促しますので、よく咬みましょう。

硬いものを咬みすぎると、やはり歯も悲鳴をあげます。

過ぎたるは及ばずが如く。

何事も過ぎてはいけません。

 
参考文献
1)SPTケアの発想の歯周治療
東京医科歯科大学 臨床教授
内山 茂先生著
https://nishiharadc.amebaownd.com/posts/1753058

新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「新潟市西区優しい歯科⇨検索」

0コメント

  • 1000 / 1000