白い歯 ジルコニアクラウン

新潟市西区小針南台の歯科、
西原歯科クリニックです。

奥歯の白い歯って?
「歯は白い方がいい。」

最近は、そういう患者さんが多いように感じます。

歯の白さを長持ちし、汚れにくく衛生的でかつ機能的な材料はありますか?

最近では、金属アレルギーの方もいらっしゃるために、金属を敬遠される方も。

一昔前までは被せもので、奥歯は銀歯というのが常識でしたが、

それも時代の流れなのでしょうが、
今の高校生より下の年代はかなり、「銀歯」に違和感、敬遠する方が多いように感じられます。

「奥歯だからいいや。」 
ではなく、

「やはり銀歯には抵抗がある。」

「奥歯だからこそ」に変化しているのかもしれません。


歯科材料の進歩により、
削った歯に、人工の歯を合わせる機械的な技術革新がなされ、
材質の向上と、精度の向上により

奥歯の白い歯が、適用されるようになってきました。


現在、残念ながら上の第一大臼歯には、保険制度では白い歯をお入れ出来ません。

上の写真は、ジルコニアと呼ぶ非常に硬い材質で、人工のダイヤモンドです。

この材質は、始め正方形ブロック状のものを、コンピューターソフトで、設計したものを読み込み、
歯の形態に削り出します。

実際に、削った歯に、合わせるために、ブロック状の素材を機械で切削します。

それを焼成し、硬い材質に変化させます。その堅さは、エナメル質よりも硬い材質です。


ここで以前奥歯の白い歯と言えば
...の話を。
以前奥歯に用いた白い歯は、いわゆるメタルセラミックスと呼ばれ
金属を鋳造し、削った歯に一層作って精密に合わせて、その金属の上に、陶材を筆で積みながら、形態を整えて作製しています。
このメタルセラミックスは、
さすがにその人間の手で、行うので出来合いの色で作る単独のジルコニアクラウンより、はるかに自然に出来上がります。

しかし奥歯ではそこまで美しさは、必要なくむしろ、
⬜壊れない
⬜プラーク(歯垢)がつきにくい
⬜摩耗しにくい
⬜金属の味がしない。

など、必要条件が変わると思います。

その条件を満たす材質が、
ジルコニアというわけです。

メタルセラミックスより、良いのは、硬い材料のため、ある程度の厚み(1.5mm)があれば可能です。

生きている歯には、神経があります。広範囲な虫歯になると、歯の隣接部や、角(隅角部)等の部位により強度的に、樹脂(レジン)では長期的な予後が不確かな場合には、

この材質で被せる場合の方が長期的な視野に立った場合良いと考えています。

レジンの弱点は、
⬜歯垢がつきやすい
⬜摩耗しやすい
⬜変色

この3点です。

その3点の弱点を補う材質が、ジルコニアとなります。

強化型のレジンブロック冠
(CAD/CAM冠)も
小臼歯、下顎の第一大臼歯(適用制限あり)には可能となり、当院も行っております。


しかしながら、上の第一、第二大臼歯、また下顎の第二大臼歯には、CAD/CAM冠は、使用出来ません。

それ故、ジルコニアクラウンの意義があります。




【保険適用】CAD/CAM冠
【保険適用外】ジルコニアクラウン


新潟市西区小針南台3-6
西原歯科クリニック
http://nishiharadc.web.fc2.com

お問い合わせは
025-265-2323

ご予約は、⇩
当院Facebook

当院Twitterはこちら⇩

ヤフーブログはこちら⇩
instagram⇩
西原歯科クリニックLINE⇩

新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「新潟市西区優しい歯科⇨検索」 #新潟市西区優しい歯科

0コメント

  • 1000 / 1000