下顎側切歯の根の治療

新潟市西区小針南台の歯科、西原歯科クリニックです。

前歯の根の管って?
そんなに複雑なの!

根の治療の専門の先生がまとめられた論文です。
確かに上の図をみると、

複雑さを伺わせます。


「なんで痛みや症状がなくならないのだろう。」と悩まれる方もいらっしゃるのでは?

今は、根の状況を診るために、
レントゲンを拡大したり、色を強調させたりできます。そうすることでより、病態を把握可能となりました。



虫歯が進んでしまうと、黙っていても痛みだします。

夜も眠れなくなってしまうことも、また取れてしまった金属(インレー、クラウン)や、かけてしまった歯は、痛みがなくても要注意です。

次第に細菌が、歯を溶かす酸を作り出し、歯のミネラル成分が抜けて、歯は、次第になくなり、神経にまで細菌が達してしまいます。

そういった歯の症状は、残念ながら元に戻りません。


根の先端で、二股に分かれています。
その二股に分かれる部位をきれいにして目で確認して、その場所がきれいになって始めて、人間の体は治癒に向かい、症状がなくなります。

10人に1人に、根の数が二つある。意外に多いと感じます。

簡単な理屈ですが、
きれいにする、しない、出来た、出来ないは、そのクリニックの技術もあります。


そのために、レントゲンの検査だけで知り得ても、実際に悪い場所をきれいに出来なければ、治癒には向かいません。

その器具の性質や、技法などを駆使して一つの歯を治していきます。

しかし、残念ながら、歯の根にヒビが入っていたりすると、場合によっては、歯を残すことが出来なくなるかもしれません。


歯は、やはり有限です。
存在するものを削れば新生は、しません。

そのために、私は予防も重要だと考えています。

ぜひ、定期的な健診をおすすめします。

静な場所で、リラックスしながら、歯のメンテナンスにいらしてみてはいかがですか?


新潟市西区の優しい歯科
西原歯科クリニック

西原歯科クリニック⇨検索

http://nishiharadc.web.fc2.com
025-265-2323


新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「西原歯科クリニック⇨検索」

0コメント

  • 1000 / 1000