学童期の反対咬合の治療


新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

プレオルソ 西原歯科クリニック

学童期の
反対咬合は、早期に改善可能になりました。

受け口は、上顎の正常な発育を妨げ、発音や嚥下機能に影響します。

適切な時期に治さないと、中学生、高校生となってから治療を始めると治りにくかったり、治療期間も長くなります。

このプレオルソは、矯正医が設計し、症例に合わせて装置をつけて行います。

受け口は、小学校低学年から治療開始が可能です。

詳しくは

新潟市西区小針南台の歯科
西原歯科クリニック
http://nishiharadc.web.fc2.com


https://nishiharadc.amebaownd.com/posts/1938687

新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「新潟市西区優しい歯科⇨検索」 #新潟市西区優しい歯科

0コメント

  • 1000 / 1000