糖尿病と歯周病

新潟市西区小針南台の歯科、
西原歯科クリニックです。

糖尿病と歯周病
いまは、
歯周病単独という方もおりますが、糖尿病の方は、
歯周病ケアを是非して欲しいというお話。

糖尿病という病気は、
すい臓から、出るインシュリンが出にくくなり、血中の糖分の値が
下がらないインシュリン依存型糖尿病と、インシュリン非依存型の糖尿病があります。

糖尿病の診断後は、コントロールしなければいくつかの合併症が起こる事が怖いと言われています。

糖尿病の方が、何故歯周病と関連があるかと言われれば、

歯周病⇨歯肉の炎症(歯肉からの出血、腫れ)様々な物質が産生される。

インシュリンがでる鍵穴の反応が鈍くなる。

鍵穴の反応が鈍くなると、
インシュリンが出にくくなり、

血中のグルコース(糖分)濃度が上がる。

歯肉の炎症に気付かず、
(ここが、重要!歯周病は、初期症状に乏しく気付かない!)
インシュリンが正常に機能しなくなる。

そして、歯周病や全身性の炎症疾患が持続すると、すい臓が弱ってくる(すい臓のランゲルハンス島細胞のアポトーシスを増長)。

さらに、糖尿病が進行する。

という悪い流れになり、体の健康が損なわれます。

糖尿病は、腎臓にも影響し、
透析といって、週に4回通院が必要になることもあります。

また、眼にも合併症が起こります。
全身の傷が治りにくくなるのも特徴です。

そこで...

新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

【歯周ポケット】がたったの5mmあることは?

新潟市西区小針南台の歯科、
西原歯科クリニックです。


口臭ありませんか?

人が多い場所で、何かしら….


口臭の原因は、
⬜放置している虫歯、
⬜歯周病
⬜歯のクリーニングに行ってないなど。
⬜悪性腫瘍(歯肉のがん、舌がん)
⬜舌苔
などがあります。
⬜糖尿病

口臭の原因は、細菌の放つガスが主たるものです。

歯周病原因菌には、
下の図のように、ピラミッドの形で模式化出来ます。
歯周病の発症に最も深く関係する三つの菌種
P.gingivalis,T.denticola,T.forsythiaが、同時に検出された場合は、歯周病のリスクが非常に高いと考えられています。

歯の根の周囲に付着した細菌を拡大した写真です。

磨き残し=細菌

上の写真の細菌がたくさんいることになります。


歯周ポケットは、4mm以上ですと、レッドライン。
初期治療の通院が必要です。

では、仮に5mmの歯周ポケットが、全体にあるという例え。

5mmのポケットが28本にあるということは、皮膚に換算すると、
掌と同じ。

すなわち、5mmのポケットが、あるという事は、絶えず手のひらが傷を負っていることと同じになります。

大変です。

歯周組織が炎症をおこしていると、様々なことがおきています。



細菌がはびこり、異臭を放つ。

歯の周囲の健康は、とても大切と考えています。

新潟市西区小針南台3-6
西原歯科クリニック
http://nishiharadc.web.fc2.com

ご予約はこちら
025-265-2323
西原歯科クリニックamebaownd.
ブログ
LINEにてお友達登録お待ちしてます。
当院Facebookでは、治療法について
https://nishiharadc.amebaownd.com/posts/3782963

新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「新潟市西区優しい歯科⇨検索」

0コメント

  • 1000 / 1000