学童期の反対咬合を早期に治療すべき1つの理由。

新潟市西区小針南台の歯科、西原歯科クリニックです。
前歯の歯並びや、反対咬合は
装置を確り入れる事で治療に時間を要しません。

特に学童期のうけ口のお子さんは、早く治療を開始すべきと言われています。
何故いけないか?

1.学童期の受け口は経過観察では、治り得ないからです。

放置しても変化は残念ながらありません。顎の成長は、小学校三年生位から横向きに見て、前下方に成長します。
上顎と下顎の関係が反対ですと、顔の形にまで影響が出ることは、容易に想像つきます。
この装置を装着することで、反対咬合は改善します。

その他、奥歯が咬んだ状態で前歯が開いてしまう状態や、前歯が並ばない状態は、歯と顎のバランスや、口腔悪習癖(癖)により、助長されます。

こういった病態は、放置すると、咬めない顎の発達に影響します。


口からの摂取は、健康を維持するにあたり重要な事は言うまでもありません。器官としての口腔の健康は、体の健康に寄与します。

お子さんのかみ合わせでお困りな方は、
御相談下さい。
新潟市西区小針南台
西原歯科クリニック

お問い合わせは  025-265-2323

新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「新潟市西区優しい歯科⇨検索」 #新潟市西区優しい歯科

0コメント

  • 1000 / 1000