鼻づまりは呼吸障害?

口呼吸かも、鼻閉によりますが、咬み合わせへの影響が少なくありません。注意が必要です。


鼻づまりと一言にいってしまえば簡単ですが、おそらくかなり深い。

これは、小さいお子さんをお持ちの親御さんに読んで

頂きたい読み物です。

呼吸障害や閉塞性睡眠無呼吸(OSA)に罹患している小児や大人は、

しばしば、頭蓋顔面形態の異常を呈している。1)


口呼吸は、鼻・口腔領域の筋収縮パターンを変化させ、骨格性の変化を生じさせる。

1例を挙げる、子供のアカゲザルを3ヶ月の部分的鼻気道閉塞が、顔面高の

増大や上顎の幅・長さの減少を引き起こす事が示された。2)


またアデノイドや口蓋扁桃肥大に起因する小児の口呼吸は、前方頭位姿勢、

下顎後退症、前顔面高の増大、下顎下縁平面の急傾斜、舌骨の低位、

および舌の前下方位と 関連していた。3)


*この3つから 鼻づまりと 顎の成長が密接に関係していることが分かる。


つまり、鼻づまりというのは、呼吸がしづらいというだけではなく、

歯科的な問題を起こしうる かなり重要な問題ということです。


*下顎後退症・・・下顎が正常な位置より後ろにある状態

*前顔面高の増大・・・面長

*下顎下縁平面の急傾斜 ・・・下顎が急な角度になっている

*舌骨の低位 ・・・気道の閉塞を招く

*舌の前下方位・・・舌の根元が落ち込む(舌根沈下で息がしづらい)


総括すると、鼻づまりを放っておくと 顔の形や顎の形の成長が正常にいかず

かみ合わせに影響しかねないということが示唆されている。


ということです。


ただ単に 鼻づまり というだけでは・・・と思いませんか?


1)Linder-Aronsonらの研究論文より 1970年

2)Havold EPらの研究論文より 1972年

3)Woodside DGらの研究論文より 1991年


新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「新潟市西区優しい歯科⇨検索」 #新潟市西区優しい歯科

0コメント

  • 1000 / 1000