【親知らずの治療】

新潟市西区小針南台の歯科、西原歯科クリニックです。

親知らずの治療は?

親知らずの治療は  
1.抜歯
2.歯肉整形して保存
3.虫歯治療

の主に三つです。

1.腫れて痛い場合は、
真横に生えている場合が多いです。

レントゲン撮影が必要です。
上のレントゲン写真は、
親知らずが真横にはえた状態で、
その近くには、下歯槽神経があります。

親知らずは、10代後半~20代前半に生えてきます。

真横にはえた親知らずは、出てきませんので、口臭や虫歯、歯周病の原因になります。

腫れて痛い場合、親知らずが原因か診断が必要です。
場合により、親知らずの腫れが原因ではない場合もあります。

細菌により親知らずが腫れた場合は、抗生物質や局所の洗浄や歯磨きで、痛みのない状態にしなければなりません。

2.歯肉整形して残す治療

これは、普通に生えていて噛み合う歯がある場合のみです。

歯肉が1部かぶっている場合は、
親知らずをきれいに萌出させて咬むように出来れば保存可能です。

3.歯肉にかぶっていて、虫歯がある場合は、親知らずの周囲を整えてから、虫歯を治療します。

しかしながら、親知らずは、歯磨きが難しく真っ直ぐ生えていて咬んでいる状態でなければ、抜歯が望ましいと思います。


下歯槽神経は、唇の下の感覚を司っています。
それ故、抜歯の際には、診査が重要になります。




埋伏智歯の抜歯は、
状態により様々です。

腫れて痛い場合は、早めの歯科受診をおすすめ致します。


新潟市西区小針南台3-6
西原歯科クリニック
http://nishiharadc.web.fc2.com


新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「西原歯科クリニック⇨検索」

0コメント

  • 1000 / 1000