TCHとは?

歯を接触している癖のある方いませんか?

新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

歯を壊す有害な力の存在は、3つの悪影響につながる。

口腔の健康は、細菌のコントロールと力のコントロールに、他ならない。

細菌のコントロールは、すなわち う蝕の原因菌と歯周病原因菌。

力のコントロールは、咬む力のコントロールと咬む時間のコントロール。

今回は、力に焦点を当てます。


人は、一日どのくらい歯を使うか?調べた先生がいます。東京医科歯科大の木野先生です。

平均値は、17~18分という結果でした。

恐らく、これ以上使っている人は、リスクがあると言えます。

お口の中は、色んな癖があると書きました。
歯列接触癖もその1つです。

絶えず、食い縛りをしている人、コツコツ咬んでいる人は、要注意です。

硬い物が好きという方は、程ほどに、

割合、50代以降の方に多い傾向です。20代、以下は、反対に咬まなさすぎです。

咬み過ぎると…

1歯が割れる
2根が割れる
3歯がしみる


この3つです。

一番機能回復に難渋するのは、2の根が割れること。

硬い物を咬みすぎ、根が割れるとほぼ歯の保存は困難となります。

では、どうすれば?

1夜に装着するナイトガードを作り、装着する。
2噛みしめに気付く。
3噛みしめを防ぐ。
4噛みしめから歯を守る。

1は4と関係があります。

メンテナンスをしながら歯を守る重要性が理解出来たでしょうか?

17~18分を守り、可能ならば、ナイトガードを装着する。そして調整をしていく。

リスクを有する方には必要と考えています。



https://nishiharadc.amebaownd.com/posts/945017

新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

地域の皆様に愛される人に優しい医療を。笑顔でメンテナンスに通って頂けるクリニックに。 「新潟市西区優しい歯科⇨検索」 #新潟市西区優しい歯科

0コメント

  • 1000 / 1000