HOME

こんにちは西原歯科クリニックの院長の西原です。

当院は、昭和45年(1970年)現地にて西原歯科医院として開業しました。

2020年で、開院50周年となります。

略歴)

大野小、黒埼中、新潟高校、日本大学松戸歯学部平成8年卒。新潟大学医歯学総合病院勤務、

開業歯科勤務後に、平成26年7月に小針西原歯科医院を継承し、

西原歯科クリニックとして開院しました。


地域に根ざし、笑顔でメンテナンスに通えるクリニックを目指しています。

お口の中を状態を口腔内専用のカメラで写真を撮り、お見せして、説明を十分に行い、治療を致します。

また治療後の状態もお示しします。


お口の中は、大変苛酷でありながら、非常にデリケートです。

感覚も非常に鋭いので、なるべく早期に機能回復をするために、


3.5倍~6倍の拡大鏡を用いて治療を行っています。


また当院は、なるべく自分の歯で食べられるように歯の保存に最大限配慮しますが、それでもなくなった

歯を治療するにあたってはブリッジ、または機能的で快適な義歯(年数例施行)をお勧めしています。



また、学童期の反対咬合に プレオルソ という装置を用いて、治療を行っています。

このプレオルソは、反対咬合を比較的早期に改善できる装置です。


拡大鏡を使って治療します。

お口の中は、暗く 狭いですが、実際に悪い部分を 大きく拡大すると、

悪くなっている所が よく分かります。 その悪い部分をしっかり治療することで、

回復も早く、また痛みも少ないです。


今まではとは 異なる 拡大鏡による治療 受けてみませんか?

NEWS


新潟市西区小針の「優しい」歯科 西原歯科クリニック

診療内容と大事な事

◇診療内容


・虫歯治療  

*その前に・・・ みなさんへ治療を快適に受けて頂く為に

  歯医者では避けて通れない麻酔のお話を

~~痛くない、痛みの少ない麻酔を当院では最大限配慮しています。

*そのために、予約の5分前に来て頂く事を強くお勧めします。

麻酔の針の痛みを緩和するのに使用する表面麻酔を効く時間が一定時間必要だからです・・・。当院はその時間を大変重要と考えています。

痛みの感じにくい麻酔の為に・・・・。

すべては患者さんの為に・・。


 

A 光重合レジン修復

麻酔をして削って詰める治療が主です。当院では可能な限り、白い樹脂でお詰めするようにしています。最小限に削り、詰めるという(最小限の侵襲に配慮した治療)方法です。

健康保険適用です。

B インレー修復

麻酔をして削りますが、虫歯が大きく上記の治療では不可能な病態の際に用います。

 銀歯(パラジウム合金)は健康保険適応ですが、 小臼歯、大臼歯で白い材料をご希望の場合には健康保険が効かない場合がございます。

C 被せる治療

3カ所以上、ないしは神経(歯髄)に近接した虫歯で形態が損なわれた場合で、直接接着できる光重合レジンでは機能回復が難しく被せた方が、長期にわたり歯の保存が可能と判断された場合に行います。

前歯(犬歯)までは、硬質レジン冠が健康保険適応となります。

小臼歯に関しても、平成27年4月より白い歯(CAD/CAM冠)を入れることが可能となりました。    銀歯が気になる方はお問い合わせ→ 025-265-2323

大臼歯は、皮膚科などで金属アレルギーの診断を受けた方は健康保険適応可能で上記のCAD/CAM冠をお入れできます。

写真 

・入れ歯治療

当院は、失われた歯が多数ある場合に 手術の必要なインプラントより入れ歯の治療に力を入れています。

機能的な入れ歯は、大事なお食事を助けます。現在の入れ歯に不具合があればなんなりとお申し出ください。しっかり使えるようになるまでおつきあい致します。

金属を薄く加工した入れ歯は、非常に装着感が良く、異物感が少なく快適にお使い頂けます。

 詳しい内容が お聞きになりたい方は → 「金属床」 で検索

 金属床、または金属製の固定具(クラスプ)がみえない入れ歯

    が希望の方は → 025-265-2323



・小児歯科

新潟市は、歯面にフッ素塗布を行い、学童期の虫歯は全国一少なくなっています。

傾向的に歯肉の炎症(歯肉炎)とかみ合わせの異常を持つお子さんが増加しています。

☆かみ合わせでお困りな親御さんへ

お子さんのかみ合わせに異常がある場合 早期の治療で改善することがございますので、

お気軽にお問い合わせ下さい。      

プレオルソ 写真

・歯周病治療  歯を失う原因の一つです。

歯周病の 原因は 細菌です。 すなわち 細菌をいかにコントロールするかにかかっています。日頃の細菌のコントロール(プラークコントロール)が大変重要です。

歯周病の怖さは、 糖尿病、心臓病、肺炎、脳梗塞、との関連があり、妊婦さんに関しても、

早産のリスクが高まると言われています。

さらに、口臭の原因の一つでもあり、その口臭は、最近の研究では 様々な疾患の関連が言われ始めてきています。

まずは、何はなくとも受診、検査をおすすめ致します。 

上記の治療は、より確実に治癒に導くために、拡大鏡を用いて治療させて頂いております。

・顎関節症

顎の関節の周囲や、こめかみ付近の痛み、顎の運動障害、開閉口時の痛みは、顎関節症の一症状です。

TCH(歯の接触する時間が長い方は注意)、歯ぎしりなども注意が必要です。

治療は必要でないかたもいらっしゃいますが、症状により異なります。  

当院では、重傷と思われる方は、新潟大学医歯学総合病院と連携して治療にあたることもございますので、気になる方はお申し出下さい。

・親知らず抜歯

通常は、当院でも可能ですが、検査にてリスクが高いと判断された場合は、より安全な新潟大学病院の顎顔面外科専門医と連携して治療にあたります。

                    お問い合わせは 025-265-2323

表面麻酔 麻酔の効果が出るまで待ちます。

痛みの少ない電動麻酔器

セラミックインレー(保険適応外)

CAD/CAM冠 (保険適応)

プレオルソは、学童期の矯正治療に使用します

https://nishiharadc.amebaownd.com/posts/775045
新潟市西区の歯科、西原歯科クリニックです。

当院は、叔父が現地にて1970(昭和45)年に開業し、
今年で創業48年となります。

ここまで歯科として続けられているのも近隣の皆様にご愛顧頂いているからと存じます。

昭和の時代は、虫歯が国民病とも言われ、痛い、つらい思いをしなければいけなかったものでした。

私はそんな時代を幼少期に迎え、
母の父、父の父、また、叔父が歯科医をしていた事もあり、
将来は歯科医にと思ったものでした。

地元新潟高校を1989(平成元)年に卒業。

日本大松戸歯学部を卒業、卒後は、新潟大学顎顔面外科学(旧第二口腔外科)に勤務。
大学在籍時には、秋田、群馬、佐渡にて、地域の病院に勤務し、臨床経験を積みました。

秋田勤務は、1999~2000年までと僅かでしたが、私にはかけがえのない経験をさせて頂きました。
当直や、ガン末期の治療等。

まだポケベルが救急の呼び出しに使われていた時代でした。
私も夜中に救急外来に呼ばれる事もしばしばありました。

群馬にては、脳外科病院併設の歯科口腔外科に勤務。
朝一の脳外科のカンファレンスは、刺激ある習慣でした。

また、新潟大学勤務時代には、佐渡、三条、上越など新潟地区でも様々な地域で歯科医療に携わりました。 

そんな経験をし、歯科医療の「周り」を研修しました。

その後大学を離れ、将来を見据え、川崎市にて一般開業医に勤務しました。
ここでは、いわゆる一般治療を。

当時は、メタルセラミックスが主流でした。インプラントが世に出回り始めた時代で、私も数件の症例を経験。
その後はあまり、縁がありません。

不思議と、インプラントの手術がこわいという方が私の患者さんには、多く、そういった方には金属製の義歯をお入れし、大変喜ばれた経験を多く致しました。

祖父、二人も金属製の義歯には定評があったと聞きます。

三件の勤務医にて様々な経験し、
新潟へ戻り叔父の後を継ぎ

西原歯科クリニックとして、2015(平成26)年にリニューアルし開業致しました。


開業当初は、叔父の担当していた患者さんを拝見しつつ、口腔内の健康維持増進に邁進してまいりました。

昨年頃より、このブログ、またはホームページを御覧頂いた方が、昔の西原歯科を知っていらっしゃる患者さんがお見えになられる事も増えて来ました。


以前にいれて頂いた入れ歯や、被せ物が何不自由なく使っていたのですが...と前置きがあってから
拝見させて頂く患者さんには、
私も、大変有難いお話を頂戴したと思い、
私の持っている技術の出来るだけをと思い、治療にあたっております。

歯は、魂。

以前作って頂いた前歯の歯並びは、以前叔父が作成したものと、
おっしゃる患者さん。
この感じをもう一度。

と言われました。


その思いは、大変重く受け止めました。

一日で、総入れ歯の修理もおよそ状態にもよりますが一時間程があれば可能です。


口腔内で作業をし、咬み合わせ、粘膜とのあわせをし、最終確認、
約1時間の作業です。


叔父の入れ歯を私が修理を担当。

また、祖父の患者さんも担当することも。

また、母の父が小さい頃の主治医の患者さんも。
それには、びっくりしました。

小、中の同級生、また、高校の同級生や、部活の仲間など

いまは、様々な方に来ていただいています。


有難いお話です。


これからも宜しくお願いします。

西原歯科クリニック
http://nishiharadc.web.fc2.com

025-265-2323
新潟市西区小針南台の歯科、西原歯科クリニックです。

前歯の根の管って?
そんなに複雑なの!

根の治療の専門の先生がまとめられた論文です。
確かに上の図をみると、

複雑さを伺わせます。


「なんで痛みや症状がなくならないのだろう。」と悩まれる方もいらっしゃるのでは?

今は、根の状況を診るために、
レントゲンを拡大したり、色を強調させたりできます。そうすることでより、病態を把握可能となりました。



虫歯が進んでしまうと、黙っていても痛みだします。

夜も眠れなくなってしまうことも、また取れてしまった金属(インレー、クラウン)や、かけてしまった歯は、痛みがなくても要注意です。

次第に細菌が、歯を溶かす酸を作り出し、歯のミネラル成分が抜けて、歯は、次第になくなり、神経にまで細菌が達してしまいます。

そういった歯の症状は、残念ながら元に戻りません。


根の先端で、二股に分かれています。
その二股に分かれる部位をきれいにして目で確認して、その場所がきれいになって始めて、人間の体は治癒に向かい、症状がなくなります。

10人に1人に、根の数が二つある。意外に多いと感じます。

簡単な理屈ですが、
きれいにする、しない、出来た、出来ないは、そのクリニックの技術もあります。


そのために、レントゲンの検査だけで知り得ても、実際に悪い場所をきれいに出来なければ、治癒には向かいません。

その器具の性質や、技法などを駆使して一つの歯を治していきます。

しかし、残念ながら、歯の根にヒビが入っていたりすると、場合によっては、歯を残すことが出来なくなるかもしれません。


歯は、やはり有限です。
存在するものを削れば新生は、しません。

そのために、私は予防も重要だと考えています。

ぜひ、定期的な健診をおすすめします。

静な場所で、リラックスしながら、歯のメンテナンスにいらしてみてはいかがですか?


新潟市西区の優しい歯科
西原歯科クリニック

西原歯科クリニック⇨検索

http://nishiharadc.web.fc2.com
025-265-2323


モットー 理念

当院は、歯医者が苦手な方でも、安心して治療が出来ますように、スタッフ一同、配慮して治療にあたります。

なんなりと、お申し付け下さい。

お口の疾患は、「診れば分かる場所」です。それ故、目で診て、お口の中がどんなふうになっていて、どこに問題があるのかをお伝えするために、口腔内カメラで、お口の状態をお示しし、十分な説明をして治療を進めていきます。

治療に際しては、拡大鏡(3.5~6倍)を使用し、治療後に快適な状態になりますように心がけております。

受付 外観

初診の方へ

1.予診票をご記入いただきます。

来院しました ら、保険証をお預かりします。その後予診表に記入をお願いします。患者様の症状を知る 重要なものですので、できるだけ詳しくご記入下さい

2.問診

診療室へご案内し、気になる部位の問診をさせていただきます。

今までの既往歴・症状・ 希望など をお教え下さい。

3.レントゲン撮影・口腔内写真

お口の状態を診 る為、全体の状態が分かるレントゲン検査をさせていただきます。また、治療前後の記録や、患者様への状態を説明する 為の写真を撮らせていただく場合がございます。

4.カウンセリング

レントゲン 診査結果をもとに、治療計画について説明いたします。全体的な治療を希望される方は、歯型・かみあわせの診査を 行い、後日いくつかの治療方針についてご説明致します。

5.治療開始

痛みを 伴う場合は、その部位を優先致します。気になる症 状がございましたら、そちらを優先的に治療致します。

基本は、プラークコント ロールです。まずはお口の中を清潔にしていきましょう。

ブラッシング指導や歯石取りは、治療の成否やお口の健康の維持に重要な要素です。 検査の上必要な場合はそちらを優先する場合がございます。

6.メインテナンス・定期健診

治療終了後も定期的にメイン テナンス、検診を受けることをお勧めしております。大がかりな治療になら ないよう、定期健診で小さな問題のうちに解決し、健康な状態を維持していきましょう。

歯の知識について

    新潟市西区小針南台の歯科、西原歯科クリニックです。

 歯磨き剤、何を使っていますか?

 歯を磨く、守るために、

 要素としては、

 研磨剤入りは、なるべく 避ける。

 フッ素入り

 適度に抗菌成分の入ったもの

 泡立ちが少ない方が、適切にプラークを落とせますので、良いとされています。

写真のリペリオ。

薬効成分に、特殊な成分が含まれており、歯周病で歯肉がさがってしまった方などに、

歯肉を活性化する成分が入っており、有効とされています。

上の写真は ジェルコート 

当院では、歯周病の方へ歯間ブラシをつけて使って頂いております。

長期にわたり使うことで、通常の歯周病の初期治療の効果が維持、持続

します。

歯間ブラシをする際お使い頂くと大変効果的です。

しかし、歯周ポケットに、歯石がついていると効果はなかなか出ません。

なぜならば、その歯周ポケットに簡単に、歯周病原因菌が侵入してしまいやすく

なるためです。

レッドコンプレックスと呼ばれる歯周病原因菌が口腔内に入り込むと 

やっかいな状態になります。歯周病原因菌の感染は様々な状況下で起こります。

このレッドコンプレックスの数が、どの程度いるのか?

などは、細菌検査で分かりますが、現在の手法で用いますと、かなり高額な検査となります。

健保適用の歯周病検査は簡便で、その点お気軽に受けて頂けます。

重症となってしまうと、その除菌や、治療に費用がかかることになります。

そうならないためにも、早めの予防、治療、対策が必要と当院は考えています。

それ故まず、クリニックに行き、歯周病の検査、初期治療を受けた後に

歯周病ケアをする際にジェルコートを使い続けると大変有用です。

その歯周病初期治療って?

まず、歯肉に症状のある方は、ご予約を  

新潟市西区優しい歯科 ⇨ 検索  または、 025-265-2323 へ

ご希望の日にちを ご予約下さい。

それに、先ほどのリペリオ

これを少し歯ブラシにつけて使用なさると良いと思います。

健康維持、増進にはメンテンナンス時に行うPMTC。

 

常日頃、ご自身で磨けない場所を  リラックスしながら プロのケアを受けてみませんか?

ご予約は こちら


新潟市西区小針南台3-6

西原歯科クリニック

MAP

住所

新潟市西区小針南台3-6

電話番号

025-265-2323